株式投資のリアルな経験をシェアするBLOG

MT4で日本株をリアルタイムで見る方法【88社限定】海外株もあり

MT4(MetaTrader 4)で、日本株の値動きをリアルタイムで見る業者があったので紹介する。ただし、表示できる銘柄数は88社と限られる。

海外株では、米国・中国・ドイツ・イギリス・オーストラリア・ロシアの株も、リアルタイムで値動きを見ることができる。

表示できる数が限られるので、MT4以外で高機能なチャートツールを使いたいのであれば、TradingViewなどの利用を。

MT4で表示できる日本株の数と外国株の数

これまで使ったチャートツールの中で最も優秀なのは、MT4(MetaTrader 4)。

しかし、チャートを表示できるものは、為替とダウや日経、オイルなどの一部CFDだけ。FX用として開発されたため当然だが、株でも使いたい人は多いと思う。

その株でも表示できるMT4の業者は、今のところIFC MarketsとGCIの2社だけ。

今後表示できる業者を見つけたら、ご覧のページにて追加する。

MT4で日本株と海外株を表示できる業者は2社

・IFC Markets
・GCI

IFC Marketsでは、日本株(86社)、米国株(128社)、中国株(62社)、ドイツ株(29社)、イギリス株(35社)、オーストラリア株(69社)、ロシア株(10社)。日本株に関しては今後100社まで増えるよう。

GCIでは、2019年5月現在、日本株(12社)、米国株(94社)、EU(65社)オーストラリア株(10社)、インド株(10社)。

IFC MarketsのMT4ダウンロード方法

⇒IFC Markets MT4のダウンロードはこちら

①ダウンロードをクリックしデスクトップ等に保存する。

②保存したアイコンをクリックする。

③セットアップ画面が出たら [ 次へ ] をクリックする。

④最後に [ 完了 ] をクリックでダウンロードは終了。

⑤IFC Markets MT4アイコンクリックでMT4が立ち上がる。

デモ口座申請方法

リアルタイムでチャートを表示させるためには、デモ口座申請が必要になる。これから登録手順を説明する。

①MT4のメニューにあるファイルからデモ口座の申請を選ぶ。

②IFCMarkets-Demoを選び [ 次へ ] をクリックする。

③新しいデモ口座を選び [ 次へ ] をクリッする。

④名前、メールアドレス、電話番号を記入し、最後に[貴社からのニュースレター受取りに同意します]にチェックを入れる。これを入れないと登録できない。

⑤最後にログインID・パスワードが表示されれば [ 完了 ] クリックで終了。場中チャートが動いているか確認してほしい。

たまに正常に接続されないこともよくあるので、その時は同じ手順で再申請してほしい。何回でも可能。

MT4(IFC Markets)で表示可能な日本株銘柄一覧

日本株の表示方法は、MT4メニューのファイルから新規チャートを選び、StocKs TSEから選ぶことができる。

▼最新の一覧はこちらからチェック

・1605 国際石油開発帝石
・1801 大成建設
・1928 積水ハウス
・2503 キリンホールディングス
・2768 双日
・2802 味の素
・3401 帝人
・3402 東レ
・3407 旭化成
・3436 SUMCO
・4005 住友化学
・4042 東ソー
・4183 三井化学
・4188 三菱ケミカルホールディングス
・4503 アステラス製薬
・4689 ヤフー
・4755 楽天
・5020 JXTGホールディングス
・5108 ブリヂストン
・5233 太平洋セメント
・5401 日本製鉄
・5406 神戸製鋼所
・5411 ジェイエフイーホールディングス
・5706 三井金属
・5711 三菱マテリアル
・5802 住友電気工業
・6178 日本郵政
・6301 コマツ
・6326 クボタ
・6471 日本精工
・6479 ミネベアミツミ
・6501 日立製作所
・6502 東芝
・6503 三菱電機 ・6701 NEC
・6702 富士通
・6724 セイコーエプソン
・6752 パナソニック
・6753 シャープ
・6758 ソニー
・6770 アルプスアルパイン
・6857 アドバンテスト
・6902 デンソー
・7011 三菱重工業
・7012 川崎重工業
・7013 IHI
・7201 日産自動車
・7202 いすゞ自動車
・7203 トヨタ自動車
・7211 三菱自動車
・7261 マツダ
・7267 ホンダ
・7270 SUBARU
・7272 ヤマハ発動機
・7731 ニコン
・7735 SCREENホールディングス
・7751 キヤノン
・8001 伊藤忠商事
・8002 丸紅
・8031 三井物産
・8053 住友商事
・8058 三菱商事
・8267 イオン
・8303 新生銀行
・8304 あおぞら銀行
・8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ
・8308 りそなホールディングス
・8309 三井住友トラスト・ホールディングス
・8411 みずほフィナンシャルグループ
・8601 大和証券グループ本社
・8604 野村ホールディングス
・8750 第一生命ホールディングス
・8795 T&Dホールディングス
・8801 三井不動産
・8802 三菱地所
・9101 日本郵船
・9104 商船三井
・9107 川崎汽船
・9202 ANAホールディングス
・9432 日本電信電話
・9433 KDDI
・9437 NTTドコモ
・9501 東京電力ホールディングス
・9531 東京ガス
・9613 NTTデータ
・9984 ソフトバンクグループ

MT4(IFC Markets)で表示可能な海外株柄一覧

アメリカ株の表示方法は、StocKs NYSE/NASDAQから選ぶことができる。
▼最新の一覧はこちらからチェック

中国株の表示方法は、StocKs HKExから選ぶことがでる。
▼最新の一覧はこちらからチェック

ドイツ株の表示方法は、StocKs XETRAから選ぶことができる。
▼最新の一覧はこちらからチェック

イギリス株の表示方法は、StocKs LSEから選ぶことができる。
▼最新の一覧はこちらからチェック

オーストラリア株の表示方法は、StocKs ASXから選ぶことができる。
▼最新の一覧はこちらからチェック

ロシア株の表示方法は、StocKs LSE IOBから選ぶことができる。
▼最新の一覧はこちらからチェック

GCIのMT4ダウンロード方法

⇒GCIMT4のダウンロードはこちら

①DownloadMetaTrader 4 をクリックしデスクトップ等に保存する。

②保存したアイコンをクリックする。

③セットアップ画面が出たら [ 次へ ] をクリックする。

④最後に [ 完了 ] をクリックでダウンロードは終了。

⑤GCI MT4アイコンクリックでMT4が立ち上がる。

デモ口座の申請方法は、IFC Marketsと同じ。

MT4(GCI)で表示可能な日本株銘柄一覧

日本株の表示方法は、MT4メニューのファイルから新規チャートを選び、CFD:Shares JPから選ぶことができる。

・7751 キヤノン
・7267 ホンダ
・8411 みずほフィナンシャルグループ
・8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ
・7974 任天堂
・5401 日本製鉄
・7201 日産自動車
・9432 NTT
・6752 パナソニック
・8316 三井住友フィナンシャルグループ
・6758 ソニー
・7203 トヨタ自動車

MT4で日本株や外国株一覧が表示されない時の対処方法

MT4メニューにある「表示」→「気配値表示」で気配値一覧を表示。

次に、気配値表示上で右クリックして「すべて表示」をクリックする。

これで日本株や海外株を表示させることができると思う。

MT4の日本株にドラストFX矢印サインを入れてみた

MT4なので、FXで使っていたインディケーターは当然使える。そこで、今まで使っていたドラゴン・ストラテジーFXの矢印サインを入れてみた。

9107川崎汽船 日足

売りサインが出て大きく勝てています。この銘柄は下降トレンド続いたので1時間足でも通用する。

7201日産自動車 日足

2回サインが出ている。1回目は直近安値割れに設定していれば負け。2回目は勝ち

S-AMZN Amazon.com 日足

あのアマゾンの株価です。2回買いサインが出て勝てている。

ドラストサイン以外でももちろん表示させることができるので、FXと同じ感覚で株の売買ができるわけ。これならFXしか経験ない人でもできると思う。

海外株を売買できる証券会社とは

海外株を売買できる証券会社とは

SBI証券
米国(1067銘柄 手数料0.45%)、中国(1391銘柄 手数料0.26%)、韓国(58銘柄 手数料0.9%)、ロシア(31銘柄 手数料1.2%)、ベトナム(333銘柄 手数料2%)、インドネシア(31銘柄31 手数料1%)、シンガポール(39銘柄 手数料1%)、タイ(67銘柄 手数料1%)、マレーシア(44銘柄 手数料1%)

マネックス証券
米国株(3049銘柄 手数料0.45%)中国株(2058銘柄 手数料0.25%)

楽天証券
米国株(1448銘柄 手数料0.45%)中国株(914銘柄 手数料0.5%)アセアン(シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア)(269銘柄 手数料1%)

米国株、中国株ならマネック証券がおすすめ。それ以外の国は、SBI証券がおすすめ。

まとめ

MT4だけでも十分かもしれないが、証券会社で提供されているツールも併用して使おう。

おすすめは、ネットストック・ハイスピードkabuステーション

両方ともMT4にはない優れた機能があるので、是非使ってみてほしい。上記チャートツールは日本株だけなので、海外株はTradingViewの利用を。