決算発表後から狙うKabu Road 3Step

上がる好決算銘柄を最速で選別する方法【100銘柄でも1分】

決算発表が良かった銘柄を選びたいと思っても、1社1社決算内容を確認するのは時間がかかりすぎて難しい…。

そこで、短時間で決算発表が良かった好決算銘柄を選ぶ方法をご紹介します。

100銘柄でも1分もかからず終わる方法です。

株価は決算発表後から上がりやすくなるので、短時間で好決算銘柄を選べるようになるとかなり有利になりますよ。

上がる好決算銘柄を最速で選別する方法

上がる好決算銘柄を最速で選別する方法

好決算とは、前期比で売上や利益が増えたことを言います。でも、売上・利益が増えても株価が下がることもあります。

下がる理由としては、想定よりも悪かったり、決算前に株価が上がり出尽くしと判断されるからです。そのような銘柄を買うと損する可能性が高いです。

では、上がりやすい好決算銘柄を選ぶにはどうすればいいのかですが、答えは簡単で「決算発表当日もしくは翌日に上がった銘柄を選ぶ」です。

決算発表後に上がった銘柄は好決算銘柄ということ。

決算内容の評価を他の投資家に任せるやり方で誰でもできます。

この方法なら、数百銘柄でもわずかな時間で選別することができます。

好決算銘柄の選別に使うチャートツール

使うチャートツールは、auカブコム証券のkabuステーションを使います。口座を開設すれば無料で使えるツールです。

kabuステーションを使う理由は、矢印とEnterキーだけでチャートの切り替えができ、不要な銘柄をまとめて消去できるからです。

選別手順はこの後に説明します。

好決算銘柄の選別に使うサイト

いつも使っているのは、日本経済新聞の決算発表スケジュールサイトです。他に決算銘柄一覧が見られるサイトならどこでも構いません。

過去3ヶ月分の決算発表スケジュールを見ることができます。当日もしくは前日の決算を検索から指定します。

上がる好決算銘柄を選別する手順

上がる好決算銘柄を選別する手順を説明します。

①前日の決算銘柄一覧をコピーする

日本経済新聞の決算発表スケジュールサイトで、前日の決算銘柄一覧を右クリックしてコピーします。1ページ分の50件すべてコピーしてください。

コピーするのは、決算発表日から上場市場まで全てで構いません。

②kabuステーションの銘柄登録リストに登録する

次に、kabuステーションの「銘柄登録リスト」に登録します。

銘柄登録リストは、メニューの投資情報→銘柄登録リスト(リスト)から表示できます。

銘柄登録リストを表示させたら、リスト上でコピーした決算銘柄一覧を貼り付けます。

決算発表スケジュールサイトの決算一覧では最大50件ずつ表示されるので、銘柄数が多いときは、リスト1に50銘柄リスト2に50銘柄と複数のリストに登録してください。

決算ピーク時期だと多い日で630社ほどになり、合計13リストに貼り付けます。コード番号や市場とかはバラバラで構いません。

決算の銘柄一覧を貼り付けると、このように登録されます。

初期設定だと時刻など不要な情報が入っていますので、不要なものは消去してください。

消去方法は、メニュー上で不要なものを右クリックすると「〇〇」:表示しないと表示されますので、それをクリックするだけで表示されなくなります。

決算一覧をコピー後、kabuステーション上で銘柄を貼り付けができない方は、Excelに貼り付けてから、銘柄コードだけをコピーしてください。

③騰落率をクリックする

決算銘柄の一覧を登録したら、騰落率をクリックします。

騰落率をクリックすると、上昇率の高い順に入れ替わります。この一覧から、5%以下のものは全て消去します。Shiftキーでまとめて消去してください。

作業する時間は、午前10時以降なら場中でやっても構いません。

当日中なら夜中でも構いません。翌日になってしまうと前日の騰落率が消えてしまうので、なるべく当日中にやってください。

まとめ

数分でできる決算発表が良かった銘柄を選ぶ方法を説明しました。

ただこれだけで勝てるわけではありません。さらにいくつか条件を加えて絞り込む必要があります。決算内容や時価総額・出来高・信用買残など。

急騰した銘柄から共通点を見つけ、ルールを決めてください。

決算短信の読み方は下記の記事からご覧ください。

決算短信の読み方を分かりやすく説明 | 7つの用語と3つの見るべきポイント