株式投資のリアルな経験をシェアするBLOG

株の板読み実践術|1秒で判別できる方法を解説

株の板を、どのように判断すれば良いのかお悩みではないだろうか?そんな方の為に、一目で判断できる株の板読み術を分かりやすく解説している。

板読みが的確に判断できるようになれば、大口の動きを事前に察知でき、スイングでもデイトレでも有利になる。

それでは、順番に解説する。

株の板読みに使うツールと見せ板

株の板読みに使うツールと見せ板

株の板読みは、検索すれば解説しているサイトやブログは無数に出てくる。本などでも沢山あり、amazonで検索すれば371件も。しかし、読んでも活用できない人がほとんどだと思う。

なぜなら、色んなところを見すぎて余計に迷ってしまうから活用できないのだと。よくある、歩み足とか投資家心理とか学んでもあまり意味ない。

僕は、本やサイト等では一切学んでいない。毎日、板を見ながら経験を積み重ねてきた。独学の見方が正解かどうかは分からないが、読み通りになってきたので正しいと思っている。

これから解説するのは、あるポイントに絞った板の見方だけなので、今からでも実践に活用できるくらい簡単。

株の板読みに使うツールはフル板が使えるもの

株の板読みに使うツールを紹介する。

昔の無料ツールは上下限られた注文板しか見れなかったが、今は無料ツールでもフル板(全ての注文情報)が分かるようになった。

フル板が使えるのは、DMM株、楽天証券、マネックス証券、クリック証券、auカブコム証券など。

こちらは、クリック証券スーパーはっちゅう君のフル板注文画面。

その日のストップ高・ストップ安までの株価情報が全て見れる。どこにどれだけ注文が入っているのか分かるため、指値や逆指値を入れる際に役立つ。

例えば、逆指値注文を990円に入れたい時、990円に希望数量が出ていない時は、少し上(995円)に変える。

エントリー、利食い、損切り全て板を見たほうがいいと思う。

見せ板(見せ玉)とは

見せ板(見せ玉)とは、約定の意思がないのに注文を入れキャンセルを繰り返すこと。見せ板(見せ玉)をやってしまうと逮捕されるので注意を。

個人の場合は、10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金とかなり重い罪。摘発事例では、懲役数年と追徴金億単位になった人もいる。

最近の事例では、2018/5/11に1413ヒノキヤグループで相場操縦をしたとして、60代男性会社員に課徴金納付命令を出すよう金融庁に勧告。この人は、複数の口座を使い、買い注文と売り注文を出し活発に見せかけ、株価をつり上げる行為をしていた。

今は監視が厳しい為、たとえ少額でも分かってしまうので、やらないように注意しないといけない。課徴金を払うだけではなく、国内証券会社の全ての口座が凍結になり、株の売買はできなくなる。車でいえば飲酒運転。飲酒運転で捕まれば一発アウトで免許取り消しになり、2年以上再取得はできないよな。同じようなこと。

もし見せ板を見つけた時は報告しよう!証券取引等監視委員会へ

株の板読みの買われやすい板と買われにくい板

株の板読みの買われやすい板と買われにくい板

板を見る時は、常に大口の目線で見るようにしてほしい。

少額トレーダーではなく、数十億動かすトレーダーと思って板を見る。そうすると、買われやすい板の状態が自然と分かってくる。

ここが最も大事なポイントで、板読みのコツはたったこれだけ。難しいことを学ぶことも考えることも必要ない。

買われやすい板とは

買われやすい板とは、売り板が多く買い板が少ない時が基本の判断方法になる。

このような板の状態が理想的。

買い板は数百しか並んでいなく、売り板は数千単位が並んでいる。こういう時は、大口が買いやすく上がりやすい時になる。

僕なら3,400円で迷わず買い注文入れる。

買い板が多いほうが売られにくく上がりやすいと説明しているところは多いが、それは少額トレーダー目線でしか見ておらず間違い。

買い板が多いということは、大口が売りやすいので注意が必要。

これは買いたい板。大口も狙ってくるのではないだろうか。見える範囲では、場中8,200円まで上げてくる可能性が高いと判断できる。

完璧!ここまで迫ってくると、500円の6200株は確実に買われる。

スキャルの利食い判断としても使える。490円台で買い500円の6200株が買われ、さらに一瞬上げた時に利食いと。

この板も最高。815円~820円までに1800万円分の売りが出ているので、大口に買われやすい。この場合820円まではいずれ買われてくると予想できる。

※売り板が多く買い板が少ない時でも、必ず上がるわけではない。板に加えてチャートなどを見て総合的に判断する必要はある。

買われにく板とは

こういう数百株しか並んでいないものは、買われにくいと判断できる。

ちょっとの金額で上げそうに見えるが、わざわざ高いところを買う大口はいないし、仮に上げたとしても一時的で、すぐに売りが出て元に戻る。

僕もこのような板では、100株ですら買いたいとは思わない。

買い板が多く売り板が少ない例。これも買われにくい板。

845円~850円まで数千の買い板が並んでいる。こういう時は、そこに向けて大口に売られやすいと判断できる。

さらに、節目である850円を割ってくると、逆指値を入れた人の注文が一斉に出てくる可能性もある。

このパターンでも100株ですら買いたいとは思わない。

これもダメダメ例。

この売り数量じゃ全然集められません。買う気にもならない。

520円に12800の注文数。この注文入れている人は本気で買う気があるのか疑問。もしかすると見せ板って可能性もあるかもしれない。

もし520円に近づいてきた時、注文がキャンセルして激減していたら、見せ板の可能性があるので報告しよう。

これも板を見た瞬間に、買わないし買う気にならない。

慣れてくると、見た瞬間分かりるようになる。

売り板も多いので、一見すると大口に買われやすく見えるが、買い板を見てほしい。432円と430円にまとまった買いがある。

このパターンは、指値で大口が買い集めている可能性があるので、当日は買われない可能性が高い。でも翌日以降に買われていく可能性はある。

買い板よりも売り板が少ないので買われにくいパターン。一目見た瞬間にスルー。

まとめ

株の板読みを解説した。板読みの本を買って学ぶよりも、毎日板を見て判断していったほうがいいと思う。

余計なことを学ぶと混乱して勝てなくなることもあるので、実践で経験を積んでいくように。

使っている証券会社でフル板が見れないなら、別の証券会社の口座を開設を。フル板が使えるのは、DMM株楽天証券マネックス証券クリック証券auカブコム証券など。