株式投資のリアルな経験をシェアするBLOG

株のチャートツール4選|最速で銘柄選別と分析ができるツール

株のチャートを分析するためには、専用のツールが必要である。でも、沢山ありすぎてどれを選べば良いのかお悩みではないだろうか?そんな方の為に、僕が使っているツールを4つ紹介する。

おすすめしているチャートツールなら、最速で的確な分析ができるようになる。すべて無料(一部機能は条件あり)で使えるので、コストはかからない。

毎日のように使っているものなので、ぜび試してほしい。

株のチャートツールはどんなものがあるのか

株のチャートツールはどんなものがあるのか

株のチャートツールは無料と有料のものがあり、無料チャートツールは、証券会社ごとに提供されている。(一部有料もあり)

口座開設や信用口座などの条件を満たせば、ほとんど無料で使用できる。使用条件については、それぞれの証券会社の説明ページで確認を。

無料ツールと有料ツールどっちを使えばいい?

昔は有料のチャートツールを使ったこともあるが、今は証券会社が提供している無料のチャートツールだけで十分なので、有料のものは使っていない。

有料で有名なところでは、「株の達人 月9,900円」「ケンミレ 月5,500円」「相場チャート月5,500円」などがあり、全て使った経験があるが、使う前と使った後ではあまり変わらなかった。

でも、証券会社が提供している無料のチャートツールにはない機能はあるので、気になるなら1ヶ月くらい試してみるのも良いと思う。

ただ、優れた機能があっても勝てるようになるかは別。「高機能のツールを使えば勝てるようになる」と、初心者は勘違いしてしまうことも多い。

それと、有料ツールにしかない機能に依存してしまうとリスクがあることを知っておくべき。そのリスクとは、サービスが終了した時点で使えなくなり勝てなくなってしまうこと。なので、一般的な機能(テクニカル指標)だけで勝てるようにならないといけません。

例えば、移動平均線、一目均衡表、MACD、RCIなど。これらは一般的なテクニカル指標で、全ての無料ツールに入っている。

これらの一般的なテクニカル指標だけなら、証券会社が潰れて使えなくなっても、別のを使えば勝ち続けられる。そこまで考えてないといけないだろう。

投資家なら常に、最悪を想定していかないと生き残れないし勝ち続けられない。僕の結論としては、証券会社が提供している無料ツールを使うべき。

証券会社が提供している無料ツール一覧

松井証券【ネットストック・ハイスピード】
GMOクリック証券【スーパーはっちゅう君】
auカブコム証券【kabuステーション】
SBI証券【HYPER SBI】
マネックス証券【マネックストレーダー、トレードステーション】
DMM.com証券【PRO】
岩井コスモ証券【トレーダーNEXT】
楽天証券【マーケットスピード】
岡三オンライン証券【岡三ネットトレーダー】
SBIネオトレード証券【NEOTRADE R】
SMBC日興証券【パワートレーダー】

主な証券会社とツール一覧。

注文のしやすさ、チャート分析しやすさはそれぞれ違う。相性は使ってみないと分からないので、まずは口座開設して使ってみるのが良いかと。

僕が使っているの証券会社のものは、松井証券【ネットストック・ハイスピード】、クリック証券【スーパーはっちゅう君】、auカブコム証券【kabuステーション】、SBI証券【HYPER SBI】の4つ。

SBI証券【HYPER SBI】だけは、チャート分析用ではなく注文用として使っている。それ以外は、チャート分析用として使っている。

この後に詳しく説明する。

株の無料チャートツール4選

株の無料チャートツール4選

いつも使っているチャートツール4つをご紹介する。全て口座開設すれば無料で使用できるが、一部の機能は条件があるので注意を。

① 松井証券 ネットストック・ハイスピード

松井証券 ネットストック・ハイスピード

最終判断で使っているチャートツールが、松井証券のネットストック・ハイスピード。(口座開設さえしていれば無料で使える)

テクニカル指標ではトレンドラインが自動で引かれ、チャート画面が日足・週足・月足と一度に切り替わるため最短で分析ができる。

チャートの見やすさ、トレンドラインが自動で引かれる、日足・週足・月足を一度に切り替えられ一度に見られる。この3つがポイント。

特に、複数の時間足が一度に切り替わるという点が最大のポイント。

株は3700銘柄以上もあるため、どれだけ時間をかけずに分析できるかが重要。ネットストック・ハイスピードでは、複数の時間足が一度に切り替えできるため、一目で分析ができる。

大満足の高機能ツールだが、唯一欠点がある。それは、週末(土・日)のメンテナンスが異常に長い時が多い。毎週ではないが、メンテナンスがあると1日中、時には土・日とも使えないこともある。週末の検証作業も大事なので、使えないと何もできない。

メンテナンスで使えない時の代用として使っているのが、次に紹介するクリック証券のスーパーはっちゅう君。

ネットストック・ハイスピードについて、さらに詳しく知りたい方は下記の記事から。便利機能とダウンロード方法を詳しく説明している。

ネットストック・ハイスピードの便利機能と使い方

②クリック証券 スーパーはっちゅう君

クリック証券 スーパーはっちゅう君

サブで使っているチャートツールが、クリック証券のスーパーはっちゅう君。(口座開設さえしていれば無料で使える)

テクニカル指標など、全てネットストック・ハイスピードと同じ設定ができる。ただし、名証・福証・札証の銘柄は表示できない。

ネットストック・ハイスピードは、名証・福証・札証も表示できるので十分だが、週末(土・日)のメンテナンスで長時間使えないことが多く、その時用にスーパーはっちゅう君を用意している。

スーパーはっちゅう君は、チャート分析だけではなくデイトレ売買用としても使っている。

こんな感じでミニ板を並べて、複数の銘柄を同時に売買ができる。寄り付きから5銘柄以上を同時に売買する時もあるので、このミニ板が欠かせない。

デイトレは、ミニ板で板の状態と1分足チャートを見ながら売買している。これまで最大、10銘柄同時も経験ある。時間は僅か30分程度。

デイトレをやっている人、これからやりたい人にはオススメ。

スーパーはっちゅう君について、詳しく知りたい方は下記の記事から。便利機能とダウンロード方法を詳しく説明している。

スーパーはっちゅう君の便利機能と使い方

③auカブコム証券 kabuステーション

auカブコム証券 kabuステーション

最初の選別用として使っているチャートツールが、auカブコム証券のkabuステーション。(口座開設さえしていれば無料で使えるが一部機能は条件あり)

kabuステーションでざっくり選別し、最終的に残った銘柄はネットストック・ハイスピードで分析し、買うかどうかを判断している。

銘柄選別のしやすさ、チャート切り替えが早い、リアルタイム株価予想で寄り前の気配株価が分かる、銘柄登録リストが使いやすい。この4つがポイント。

最大の特徴は、多くの銘柄を一気に見ていくことに優れていて、数百銘柄でも数分で分析が終わる。株は3700銘柄以上もあるため、いかに早くチャート分析ができるかがとても重要。早く分析ができないと、分析しきれずチャンスを逃すことにもなってしまう。

誰しもが経験あるであろう「見つけていたら買っていたのに」と。

kabuステーションは、チャート表示が軽く早く、矢印とEnterキーだけで銘柄の切り替えができる。

慣れてくれば1銘柄1秒程度で終わり、500銘柄なら10分くらいで完了する。

さらに銘柄の部分をクリックすると、直近の材料一覧が出てくるので、急騰・急落した理由も同時に確認することができる。

チャートとファンダ両方とも、最短でチェックできるのがkabuステーション。

ぜひ使ってみてほしい。

kabuステーションについてさらに詳しく知りたい方は、下記の記事から。便利機能とダウンロード方法を詳しく説明している。

kabuステーションの便利機能と使い方【最速で選別できるツール】

④IFC Markets,GCIMT4(MetaTrader)

MT4は主にFXやCFDに使われるツールだが、IFC MarketsとGCIでは日本株のチャートも表示できる。ただし、全てではなく一部。

FXで使っていたインディケーターも使用できるので、株のチャートツールにはほとんどない、矢印の売買サインを表示させることもできる。

僕が使っているのは、FXのドラストサイン。

買いと売りサインが出るので、初心者さんでも迷うことなく売買ができてしまう。これだけではなく、MT4に表示できるものなら全て可能。

表示できる日本の銘柄一覧は、下記の記事から。他には、米国・中国・ドイツ・イギリス・オーストラリア・ロシアの株も表示できる。

MT4で日本株をリアルタイムで見る方法【88社限定】海外株もあり

まとめ

チャートツールは相性があるので、いろいろ試しながら自分に合ったものを選んでほしい。

米国株など海外株のチャートも見たいなら「TradingView」もおすすめ。無料でも使えるが、本格的にやるなら有料プランのほうがいいかと。