決算で未来の株価を予測できるようになる株ブログ

株式投資でやってはいけない5つのNG行動と対処方法

株式投資を始めたが、負けてばかりで勝てるようにならない…。

何が原因で負けてばかりなのか悩んでいませんか?

この記事では、負けの原因である株式投資でやってはいけない5つのNG行動と対処方法を解説します。

対処方法で改善すれば、徐々に成績は安定して勝てるようになります。

株式投資でやってはいけない5つのNG行動と対処方法

株式投資でやってはいけない5つのNG行動と対処方法

①ルールを決めず売買する(感情)

ルールを決めないまま売買すれば、いつまでも勝てるようにはなりません。

ルールがなくても感覚だけで勝てている人はいますが、それは十分な経験を積んだ人か一部の天才だけ。

初心者(凡人)がいきなり感覚だけで勝てるようになることはあり得ません。

ルールを決めないと負けた原因を見つけることができませんし、過去のデータから改善することもできません。

まずはルールを決めましょう。

どの銘柄を選び、どのタイミングで売買するか。

僕の場合は決算銘柄から選び、チャートで売買タイミングを判断しています。

自分に合ったルールなら何でも構いません。

②負けた原因を検証しない(改善)

負けた原因を検証しないと、いつまでも精度が上がらず安定しません。

負けたらすぐに検証し原因を見つけ改善してください。

改善はルールを見直すことです。

・銘柄の選別方法を改善できないか
・売買タイミングを改善できないか

何度も検証しルールを調整していきます。

例えば、銘柄の選別なら「信用買残が多い銘柄が負け率が高かった」。なら、信用買残の少ない銘柄のみにするとか。

負けた原因を検証して見つかったら、ルールの調整をしていきましょう。

繰り返しやれば精度が上がり成績は安定してきます。

③負けを取り戻そうとする(焦り)

負けると負けを取り戻そうとする感情が出てきます。

それは誰でもあることで普通のことですが、ルールを無視した売買になり、負けが続きやすくなります。

負けを取り戻そうとする感情を無くすのは難しいですが、そうなった時の対処方法はあります。

それは、一旦取引を停止する。

負けを取り戻したいと思ったら、売買することを停止。

冷静に判断できなくなっている状態なので、続けても負けが続くだけです。

冷静になるために売買は一旦停止しましょう。

デイトレなら、数日停止とか。スイングなら1週間停止とか。

負けを取り戻そうとする感情が薄れて、冷静に判断できるようになったら再開してください。

④他人の推奨銘柄から選ぶ(依存)

他人の推奨銘柄から選ぶのはやめましょう。

特に多いのが、Twitter。

〇〇が推奨しているのだから勝てるだろうと、何も考えず買っている人が多いですが、他人に依存して勝てたとしても何の価値もありません。ギャンブルと同じです。

自分で考えるのをやめている「思考停止状態の人」ですね。

さらに、他人依存に加えて負けたのを他人のせいする酷い人もかなりいます。

他人の推奨銘柄から選んで依存して、株式投資で成功すると思いますか?

断言できますが無理です。不可能です。

株は自己責任でやるべきだし、他人任せの売買はすべきではありません。他人に依存する人は、株をやる資格はないと思います。

他人に依存している人は今すぐやめ、自分で選ぶようにしましょう。

おすすめの方法は、株探の材料記事。

株価が上がった理由が書かれているので、そこから選ぶようにしてください。

⑤1つの銘柄に固執する(逃す)

1つの銘柄に固執すると、チャンスを逃しやすくなります。

株の損というと損切りだと思いがちですが、それは違います。圧倒的に多いのが、チャンスを逃す損です。僕の場合は、損切りの数百倍あります。

チャンスを逃す原因が、1つの銘柄に固執してしまうこと。

買うべき銘柄を買わず大きな利益を逃してしまいます。

株の経験がある人は全員経験あると思います。だから、1つの銘柄に固執しないようにしましょう。

自分で決めたルールに合致した銘柄は、すべて売買するくらいでやるようにしてください。

「チャンスを逃さないように」することが大事です。

まとめ

①ルールを決めず売買する(感情)
②負けた原因を検証しない(改善)
③負けを取り戻そうとする(焦り)
④他人の推奨銘柄から選ぶ(依存)
⑤1つの銘柄に固執する(逃す)

5つのNG行動と対処方法を説明しました。

当てはまっているところがあれば改善してください。

さらに見て欲しい記事が「大損する5つの特徴と失敗談」。

この記事で説明した内容とかぶっているところがありますが、実例も出しているのでぜひご覧ください。

株で大損する5つの特徴と失敗談【資産を守ろう】