株式投資のリアルな経験をシェアするBLOG

SBI証券の単元未満株の使い方とデメリット【1株から買える】

少額でも株が買える「単元未満株(S株)」の使い方が分からず、お悩みではないだろうか?そんな方の為に、失敗しない単元未満株の使い方を分かりやすく解説する。

SBI証券なら少額(数千円)でも株が買えるので、資金が少ない方でも今すぐ投資ができる。

それでは、順番に解説する。

SBI証券の単元未満株(S株)とは

SBI証券の単元未満株(S株)とは

SBI証券には、単元未満株(S株)というのがある。

この単元未満株を使えば、通常100株や1000株からしか買えない銘柄でも、「1株」から買うことができる。

例えば、1,000円の株を買う時は100株からなので、10万円分を買わないといけない。でも単元未満株なら1株から買えるので、1,000円から買うことができる。

長期で上がる可能性がある銘柄を見つけたら、毎月1,000円ずつ買うことも有効だと思う。100株10万を毎月買うのは無理でも1,000円なら可能だろう。

それができるのが、単元未満株(S株)。

場中に約定できないなどデメリットもあるが、最低購入金額が高すぎる銘柄を買う時にも使える。SBI証券の口座開設

あの銘柄も安く買えちゃう

誰もが知っている人気の会社と言えば、任天堂じゃないだろうか。しかし、任天堂を買おうと思っても4万円以上する。100株単位なので、最低430万円以上じゃないと買えない。

430万もかかる為、資金が少ないと一発勝負になってしまい分割買いができない。

でも、単元未満株なら1株から買えるので、4万円台から購入できるし分割で買うことができる。さらに、通常と同じように配当が保有株数に応じて貰えるので、長期保有もメリットがある。

通常であれば株価が高くなれば分割して買いやすくなるが、任天堂は株主数を増やしたくないからか、分割は今後もしないと思う。

10万(最低1000万)とかになればさすがに分割してくるとは思うが、先のことは分からない。

任天堂の株を今買いたいなら400万で買うか、資金がないなら単元未満株(S株)で買うしかない。

SBI証券の単元未満株(S株)の買い方

SBI証券の単元未満株(S株)の買い方

単元未満株(S株)の注文方法は、SBI証券サイト上からのみとなる。ツールのHYPER SBIからは注文できない。それと、取引できるのは現物のみ。

信用取引はできないから、売りでエントリーすることはもちろんできない。

単元未満株の手数料は、約定代金×0.500%(税込0.540%)、最低手数料:50円(税込54円)。例えば3万円のを1株買った場合は、150円 (税込162円)かかる。

この手数料は1注文なので、エントリーと決済までだと倍かかる。300円 (税込324円)。

1%の含み益で決済させると、手数料負けになってしまうので注意を。利食いするときは、2%以上の見込みがある時にしてほしい。

買うまでの取引手順

① SBI証券サイトTOPページ上部メニューの「取引」をクリックする。

② 注文入力で単元株から単元未満株に変更する。

③ 単元未満株に変更したら、銘柄コードと買う枚数を記入し、「単元未満株(S株)取引ルール(基準となる市場及び取引時間等)に同意する」にチェックすれば注文ができる。

枚数は1から入力可能。5でも7でも11でも可能。

注文と同時に買うわけではないので、間違ったら注文後に取り消すこともできる。銘柄コードと枚数を入力だけなので、1分もかからず終わる。

SBI証券の単元未満株(S株)の注意点

SBI証券の単元未満株(S株)の注意点

単元未満株(S株)の注意点を解説する。実際に注文する前に確認を。

注文時間と購入タイミング

単元未満株(S株)の注文は24時間いつでも可能だが、注文時間帯で前場始値か後場始値になるので注意を。

・10:30~21:30までの注文は、翌日前場始値
・21:30~10:30までの注文は、後場始値

10:30~21:30までの注文は、前場11:00に売りたいと思っても翌日前場始値でしか売れない。 場中の売りたい株価に近付けたい場合は、10:30までに株価をチェックして後場始値で売れば1時間の誤差で済む。

10:30~15:30の注文は、翌日の制限値幅上限余力再計算で、買付余力が不足となった場合取り消しになることがある。買付余力に不安がある方は、寄り前に注文照会画面で確認したほうがいいだろう。

自動で単元未満株から単元株に変更される

自動で単元未満株から単元株に変更されるので、増やす時は注意する必要がある。

単元株100株単位の銘柄で、単元未満株にて50株買ったとする。 1株単位なので売る時も1株づつ売れるが、さらに50株追加すると合計100株となり、自動で単元株に変更されてしまう。

そうなると、1株ずつ分けて売ることができなくなってしまう。 でも単元株に変更されれば通常と同じなので、場中に好きな株価で売ることができる。

・単元未満株にて分けて売りたい時は、100株単位の銘柄なら99株までにする。
・場中好きな株価で売りたい時は、単元株と同数まで単元未満株にて買う。

このように。

まとめ

長期で保有するときは少しずつ買っていく必要もあるので、単元未満株(S株)が役立つ。

他にも少額で買える方法はある。Tポイントを使って株が買えるSBIネオモバイル証券、1株から買えるLINE証券などがある。

3,000円台で10株、2,000円台で10株、1,000円台で10株と増やしていくと、含み損でも精神的に楽だし、平均取得価格を下げながら保有することもできる。

最低100万以上でも分割で買いやすくなっていく銘柄は多い。でも。任天堂やファーストリテイリングのように分割しない銘柄もあるので、そういう時はSBI証券の単元未満株(S株)や、少額でも買えるところを活用しよう。

少額1株から買えるので、株の実践練習にも最適。

もう一つ実践練習向きのものがある。

それは、ETF(上場投資信託)。これも少額から売買ができ実践練習向き。詳しくは、「ETF(上場投資信託)とは何か解説」にて。